受付終了まで残り です。

日経新聞の人気連載コラムを完全無料で公開中!
 
「私の履歴書」を連載90日分を今すぐ無料で読みたい人は他にいませんか?  
バックナンバーから特に人気の高い著名人3名をピックアップ!
最新の日経新聞7日間の配達とセットでプレゼントします!

「私の履歴書」とは? ひとりのリアルな半生を描いた激動ヒストリー!

時代を代表する著名人が、半生を語るコラム『私の履歴書』。

1956年(昭和31年)から50年以上、日本経済新聞朝刊の文化面(最終面)に1日1回1カ月単位で連載されており、日経の名物コラムとしてご愛読いただいています。登場する人々は、政財界、文化、芸能、国内外の多岐にわたります。若い頃の出会いや転機、苦労談、経験に基づく提言などを率直に語っています。「日経は後ろから読む」という人もいるくらい注目の連載です。それぞれの分野で後世に残る仕事を成し遂げた人々が、自らの言葉で語る努力や思い。読めばきっとあなたに役立つ何かが得られるはずです。

こちらの著名人のヒストリーをご覧いただけます。

橋田壽賀子(はしだ すがこ)
脚本家(2019年5月掲載)


テレビ草創期からドラマを描き続け、「橋田ドラマ」と呼ばれる独自のジャンルを確立した橋田壽賀子さん。

多くのNHK連続テレビ小説や大河ドラマを手掛け、民放でも「渡る世間は鬼ばかり」という長寿番組を生みました。その背後にあったのは、戦争体験と家族の喪失でした。しかし晩婚で夫を得た橋田さんは「家族」というテーマに本格的に取り組むようになりました。その成果の一つが「渡鬼(わたおに)」です。最愛の夫は還暦を迎えたばかりで亡くなりますが、夫は今も橋田さんの中で生き続けています。橋田さんの「私の履歴書」は夫とともに生きた「私の履歴書」でもあります。国民的ドラマとなった「おしん」がどのように誕生したのか。その経緯も初めて語ります。

横川竟(よこがわ きわむ )
すかいらーく創業者(2018年9月掲載)


日本最大のレストランチェーン、すかいらーくは長野県出身の4兄弟で立ち上げました。

竟さんは3男でしたが、中学を卒業後、東京・築地で修業し、すかいらーくの前身の食料品店を開く旗振り役を務めました。すかいらーく誕生後も様々な困難に直面しながら、レストランの生命線となるセントラルキッチンをを作り、新業態のジョナサンの育成などに腕を振るいます。すかいらーくの成長が鈍化すると、再生のために創業家出身の最後の社長になります。ところがすんなりとは終わらない。日本最大のMBO(経営陣が参加する買収)を主導した後、出資企業と対立。社長解任の憂き目も見ます。このままでは終われないと横川さんは80歳を超えてなお、新たな外食チェーン作りにまい進しています。徒手空拳で上京し、成功と失敗を繰り返す波瀾(はらん)万丈の起業家人生を克明に語ります。

高田明(たかた あきら)
ジャパネットたかた創業者(2018年4月掲載)

長崎の片田舎の一介のカメラ店主だった高田さんは40代でラジオ通販に巡り合い、それからわずか10年あまりで日本を代表する通販王国を一代で築き上げました。

2015年に社長職を長男に譲り、経営の第一線を退いた後は会長や相談役にもつかず、その潔い引退劇は世間に爽やかな印象さえ与えました。独特の甲高い声とぬくもりのある九州弁でお茶の間の人気者になった高田さんのモットーは、ジャパネットの経営理念でもある「今を生きる」。目の前のことをとにかく一生懸命やってきた結果として最終的にカタチになったのがジャパネットという企業だといいます。飾らず、おごらず、常に誠実に顧客第一を貫き「伝える力」を磨いてきた生き方はきっと読者の皆様の共感を呼ぶことでしょう。物語は小学校時代からの親友と挑んだ起業の夢に破れ、故郷の長崎県平戸に帰京するところから始まります。

なぜ無料で公開するのか?

なぜ、「私の履歴書」のバックナンバーをあなたにプレゼントするのか?理由は簡単です。

日経新聞に興味を持ってほしいからです。

日経新聞に掲載されている「私の履歴書」をより多くの方々に読んでもらい、優れたビジネスリーダーの足跡から自分の成長のヒントを得て実生活に役立ててほしい、また掲載元の日経新聞からもご自身にあった知識を学べることを実感してほしいと願っています。

そうすることで、10人に1人くらいは日経新聞自体に価値を感じてもらえて購読してもらえるんじゃないかと期待しているのです。

ちなみに、応募期限を短く設定しているのは、無料プレゼント(「私の履歴書」90話と日経新聞7日間購読)があなたがすぐに反応してくれるほど魅力的なギフトであるかを知ることが目的です。
プレゼントを受け取った以上、何が何でも購読してもらおうなんて考えはありませんので安心して申込んでください…。

日経新聞の特徴

なぜ日経新聞?

インターネットが普及し、経済や社会のニュースが無料で手に入るようになりました。ネットでのニュースは基本的に浅く広くのことが多く、ニュースのかたよりが起こることもあります。日経新聞はその日その日で重要なことが見出しや記事の大きさでぱっとわかりやすくできています。

経済、政治、社会、スポーツから地域まで毎日掲載。普段は気にならないニュースも見出しなどが目に入ってきて気づきを得られることがあります。

日経新聞は読者に知識を、それもビジネスに役立つ知識を提供する出版物です。 毎日、1,300名ものエキスパートである日本最大のチームによってまとめられています。

日経新聞に1日に約300もの記事が掲載されます。その半分は日経新聞でしか得ることのできない情報です。

 

特にビジネスマンであれば、

 

それは、他の人が日経新聞を読んでいるからです。

日経新聞に出ているような情報を、価値があるかどうかは別として、共通言語としてコミュニケーションをとっている文化があるから、日経新聞をとるように薦められるのです。

ビジネス書にも、実は同じような側面があります。誰もが知っているようなビジネス書の内容を、大雑把にでも押さえておくことで、他人と話を合わせるときの苦労が大幅に軽減されるかもしれません。

キャッチ―なコンセプトを利用できることで乗り切れる局面があるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

情報収集は、知識や得た情報を使って、仕事や生活の精度を向上させるため成果を得ることに第一の目的があります。 成果を上げるためには、あなたが仕事・業務で発揮するアウトプットの精度を向上させなければなりません。 わたしは、仕事にしろ、日々の生活にしろ、竜意義に過ごしていくためには「どのような情報に触れるか」ということは重要なことです。 なぜならば、自分の知っている情報を基に行動の選択をしています。 ですから、いかに正確で ご存知の通り、日経新聞は読者に知識を、それもビジネスに役立つ知識を提供する出版物です。 毎日、1,300名ものエキスパートである日本最大のスタッフチームによってまとめられています。

 

 

その違いは、持って生まれた能力、才能、はたまた懸命な努力によって生じるとは限りません。 その違いは、どういう知識を持っていたか、そしてどのようにその知識を活用したかという点から生じるのです。 あなたに対して、日経新聞を読み続けてほしいという願いはそういうわけです。 支持されている情報源だからです。 ですから、いまあなたが日経新聞を読んでいないのであれば、なおさら そんな日経新聞の   を、すでに日経新聞を理解してくれているあなたにもう一度日経新聞を読んで欲しいしのです。

なぜ今なのか?

今なら「私の履歴書」を90話も読める無料プレゼントを無条件で受け取れます。

また、このキャンペーンで日経新聞に興味を持ってもらうというアプローチが上手くいかなかった場合、このテストキャンペーンは「失敗」ということで今回限りで完全終了になります。 ですから、少しでも気になるのであれば、先送りせず、今、プレゼントを受け取って、7日間無料でお届けする日経新聞も読んでみてください。

あなたに提供できるサービスは…

無料サービスのまとめ
●私の履歴書
著名人の半生を描いた物語(3名・連載90日分)。特設サイトから閲覧可能です。
●日経新聞(朝夕刊)
最新の日経新聞を7日間お届けします。
●わかる!日経(冊子)
日経新聞を上手に読むためのポイントを紹介しています。

申込み方法は簡単

以下のボタンをクリックして、お申込み画面で必要事項を入力して確定してください。

  • 〒131-0034 東京都墨田区堤通1-12-13
  • TEL:03-3611-6645
  • FAX:03-3611-0517

Copyright 2019 ニュースサービス日経向島 All Rights Reserved.